αギャラリー

篠田通弘作品展「山岳星景とヒメボタルの世界」
-北アルプス登山20年、ヒメボタル撮影11年-








残暑お見舞い申し上げます。


αギャラリー写真展のご案内を申し上げます。当初は5月に開催が予定されていましたが、コロナウイルスの影響に伴い中止となっていました。

「山岳星景」と「ヒメボタル」はどちらも篠田がテーマとしているものですが、この2つを合わせた展示は今年4月から7月にかけてαアカデミーで6講座予定されていたことから企画されました。講座のPRも兼ねて設定されていたものです。

5月のギャラリーとトークショーが中止となり、今年のヒメボタルの季節も終わり、また今夏は富士山をはじめ南アルプス、北アルプスなど多くの山小屋・テント場が休館・閉鎖されたり、収容人員を極端に減らしたりと、昨年までとは様変わりして登山と撮影もままならないようになってしまいました。
下界は猛暑ですが、高い山では秋山の気配が漂い始める頃です。あっという間に山の季節は終わります。
今回のギャラリー写真展は、時宜を失したものであることをお断りしなければなりません。

再開にあたっては金生山ヒメボタル作品を当初予定のものから一新しました。本年は初夏の40日間の深夜計144時間の観察を実施しました。直近6年間の総観察日数は186日です。

ヒメボタル写真は短時間露光を数十分から、時には1時間以上も繰り返して、そのデータを比較明合成して仕上げる手法が一般に行われています。ヒメボタルが活動する時間帯が深夜である深夜型の場合は、背景が真っ暗となることが多いので、明るいうちに背景を撮影しておいて、PC上でヒメボタルの発光写真と合成した「合成画像」が作られます。しかしその場合の背景画像は、ヒメボタルが発光活動を行う深夜に撮影されたものではありません。
また1枚1枚は短時間露光で撮影された画像ですから、ノイズも少ない。そうして画像を重ねれば重ねるほど見事な光跡を描いた絵が出来上がりますが、でもそれは「合成した画像」であって「写真」ではない、とする厳しい指摘もあります。

篠田はこれまで、「○時○分~○時○分まで、○秒露光画像を○枚比較明コンポジット」と明記する方針をとってきました。「金生山姫螢写真教室」やαアカデミー「金生山ヒメボタル撮影講座」でも皆さんにそれをお伝えしてきました。しかし、それでもシャッターのタイミングでは光跡が中断してしまい、ヒメボタルの生態を記録した「真実を写した写真」とは異なることも事実です。
そこで今回の展示では、比較明合成の手法を一切とらない1枚画像のみの「写真」で構成しました。展示写真をご覧になって、比較明大量コンポジットした「画像」と比べて「寂しい」と感じられるかもしれませんが、1枚1枚が命をつなぐ営みの記録です。その緊張感に心打たれ、長い年月が過ぎました。展示を通して、天然記念物金生山ヒメボタルの活動を「写真」に記録するとはどういうことかを考える大切な時間となりました。

なお本年まで11年間にわたって金生山ヒメボタル観察を継続してきました。
観察期間中は24時時点の「天候」「気温」「湿度」「風向・風速」「体感」「月齢」「発生状況」などを細かく記録していますが、今回の展示ではほんの一部しか解説パネルに反映させることはできませんでした。詳細は別の機会に譲りたいと思います。

ギャラリー写真展は8月29日(土)から9月11日(金)ですが、トークショーはありません。
トークショーでお話しさせていただけない分、パネルによる解説には力を入れたつもりです。

もしお近くにお越しの節はお立ち寄り下さい。なお、私の長時間の会場滞在は認められていませんので、ご挨拶申し上げることができないかもしれません。ご来場の日時が分かるようでしたら、あらかじめ篠田までご連絡をいただけると有難いです。失礼の段、どうかお許し下さい。

これまで長きににわたって観察を続けてこられましたのも、金生山明星輪寺ご住職冨田精運氏をはじめ明星輪寺の皆さん、金生山自然文化苑保存会の皆さんのお力添えによるものです。ここに記して、深く謝意を表します。

厳しい残暑が続きます。
皆さん、どうぞご自愛くださいますように。


●詳しくはこちち




    篠田通弘作品展 終了を迎えるにあたって


作品展は9月11日17時に終了します。
ギャラリーに来訪下さいました皆さんに深く感謝致します。
私は11日夕方に撤収を行い、すべて終了します。

今回はトークショーが中止となり、私の長時間の在廊が難しいという限られた時間でしたが、たくさんの皆さんにお会いできました。
作品展初日に遠方より新幹線で来てくださった方、会期中にもう一度見ておきたいと何度も訪問下さった方もいらっしゃいました。いくら感謝しても足りません。
長い時間を経ての再会にも感極まりました。大学生の頃、高校の同窓生3人一緒にぺろんべろんになるまで飲み、私のアパートに転がり込んでごろ寝したことがついこの前のように思い出されます。それ以来ですから、かれこれ45年ぶりの再会でした。
私の高校時代の恩師もおいで下さり、お元気なお姿を拝見できました。高校時代が、ついこの前のように思われます。過ぎ去った50年という時間があっという間に巻き戻されるから不思議なものです。またその日は、私の中学校教員時代の教え子も来てくれて、三世代が揃うという嬉しい日でした。
明星輪寺ご住職、和算研究の第一人者でご教示いただいている先生も、同じ時に来訪くださいました。偶然のなせる運命に感謝しました。
また新しくカメラを始めた方や、これから星空撮影をしたいという目標をもっていらっしゃる方、などの皆さんにもたくさんお会いすることができました。私の作品展をご覧いただき、写真っていいよねと思っていただけたら、こんな写真を撮ってみたいとか、これ以上の写真を目指したいという刺激を感じていただけるとしたら、私としましてはこれ以上の喜びはありません。

今回の作品展は、作品展らしくない展示でした。
私が行っている星空撮影の方法を紹介する解説パネルを設置したり、今年の40日間144時間に及ぶ金生山ヒメボタル観察結果を紹介し、生態としてのヒメボタルの発光色や発光活動を正確に記録することにこだわる理由を説明するパネルも展示しました。
5月の作品展が中止になり、今回の作品展では金生山ヒメボタル写真をすべて今年撮影した写真に一新しました。写真額・4K液晶パネルともに、合成なしの1枚の写真ですべて構成しました。比較明合成を多用した、耳目を集めるような華やかなヒメボタル画像ではないかもしれませんが、ヒメボタルの生態記録としての写真の意味を考えたいと思ったからです。
いかがだったでしょうか。

ソニーストア名古屋のギャラリースペースで作品展をさせていただくのは、今回で3回目でした。次という機会はないかもしれませんし、先の2回の作品展と同じくこれが最後かもしれない、と心に銘じて準備をしてきました。皆さんに支えられて作品展を無事に閉じられますことに感謝いたします。

最後になりましたが、作品展の機会を与えて下さり、私のわがままを聞いて下さいましたソニーストア名古屋様には厚くお礼申し上げます。

皆さん、ありがとうございました。

                                    (2020年9月7日 篠田通弘)