篠田通弘の写真講座(12月~1月度)開講のご案内



20181208 αAcademy
「篠田通弘の写真講座 星景撮影への誘い-α・RXで撮る星のある風景撮影講座-」
-SONYストア名古屋-




冬は1等星が最も多く見られる季節です。オリオン座や冬の大三角など馴染みの星座や星たちが夜空を彩る季節です。
講座では「星空撮影に興味はあるもののどう撮ったらいいかわからない」「星空を少し撮ってはみたけれどうまく撮れない」、といった皆さんに向けて易しくわかりやすい「はじめの一歩」をレクチャーします。
2時間の座学で星空撮影の基本を学び、約1か月後に皆さんが撮られた作品の講評を通して、よりよい撮影法を学びます。

参加される皆さんに向けて、ガイドブック『星景撮影への誘い-α・RXで撮る星のある風景』を作成しました。篠田自費制作の渾身のガイドブックです。

B5判58ページ、オールカラー、表紙135㎏コート紙、本文110㎏マットコート紙、オンデマンド印刷、無線綴。

 【講座詳細】

第1回 2018年12月8日(土)11時15分~13時15分 座学 2時間
第2回 2019年1月14日(月)11時15分~12字15分 講評 1時間

 ☆詳細はこちら






20181208 αAcademy
「篠田通弘の写真講座 星景・星野写真レタッチ講座(JPEG編、テキスト付)」
-SONYストア名古屋-





星景写真データ(JPEG)レタッチを学ぶ講座です。
苦労して撮影した星空写真が「撮影した時にはもっとくっきり星が見えていたはずなのに・・・。」
「町明かりによってせっかくの星景・星野写真が・・・。」、こんなシーンをよく経験します。
その多くは日本列島の夜を照らす光害によるもので、残念ながら撮影時に避けることは困難です。
そこで講座ではJPEGで撮影した画像にレタッチを施し、撮影時の印象に近づけたり光害カブリを軽減し
て、星景・星野写真をより印象的に作品化する方法について学びます。
前半:レタッチの基本を学び、いくつかの基本テクニックをご紹介。
後半:前半のテクニックを用いて、皆さんに持参していただいたデータを実際にレタッチし作品化する実習を行います。

参加される皆さんに向けて、テキスト『星景・星野写真レタッチ入門-Jpeg画像処理の基本-』を作成しました。篠田自費制作のテキストです。

B5判48ページ、オールカラー、表紙135㎏コート紙、本文110㎏上質紙、オンデマンド印刷、無線綴。

 【講座詳細】

2018年12月8日(土) 14時30分~17時30分

 ☆詳細はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

12/8に2講座を受講される方には、2冊合わせて106ページの冊子を差し上げます。
1/14の講座には、さらに60ページ(予定)の冊子を自費制作の予定です。
すべて参加される方には、3冊合わせて160~170ページにもなる分量の冊子を差し上げる予定です。
鋭意制作に努力しますので、
皆さんのご参加、お待ちします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






20190114 αAcademy
篠田通弘の写真講座 星景・星野写真レタッチ講座(RAW編、テキスト付)」
-SONYストア名古屋-


苦労して撮影した星空写真が「天の川が撮影時の印象とは違う。」「町明かりの光害カブリによってせっかくの星景・星野写真が・・・・。」こんなシーンをよく経験します。
その多くは日本列島の夜を照らす光害によるものです。
講座では、JPEGに比べて情報量の多いRAWで撮影した画像の現像・レタッチにより、撮影時の印象に近づけたり光害カブリを軽減して星景・星野写真をより印象的に作品化する方法について学びます。
前半ではRAW現像とレタッチの基本を学び、いくつかのテクニックを紹介します。
後半ではそれらを用いて、皆さんに持参していただいたデータを実際に現像・レタッチを施して作品化する実習を行います。

 【講座詳細】

2019年1月14日(月) 13時15分~16時15分

 ☆詳細はこちら