9月4日14時8分撮影

旧久瀬村乙原地内の旧国道。土止め工事が行われたこの谷の上部に地元で「オオザク」と呼ばれる大きな崩壊地がある(揖斐郡教育会編『岐阜県揖斐郡ふるさとの地名』1992年。
そこから流出した多量の土砂が旧国道を寸断したが、応急の土砂除去が行われた。